骨盤矯正

若い女性にシモのトラブルが急増中

 

若い女性にシモのトラブルが急増中

 

 

便秘や痔や尿もれなどは背中を柔らかくするのが大切。

 

現代の女性が妊娠・出産に便秘や痔
そして、尿もれで悩む人がとても増えました。
しかも、産後に慢性化する傾向に。

 

産後に痔の激痛で息もできないとか、
痔になると排便時に力むにがツラいので
慢性的な便秘になる人もいます。

 

そして、多くなったのが尿もれ
くしゃみの腹圧で少量もれてしまうケース。
トイレの便座に座る直前に
もれてしまうならマシなほうです。
気がつけばかなりの量を漏らしている、、、
重症な人は尿が膀胱にたまる前に
もれ続けてしまう場合もありますから。

 

妊娠中、出産では骨盤だけが緩むのではなくて
膀胱や肛門などの出口も構造的に緩みやすくなります。
骨盤が緩んで裾広がりになるので、
出口の穴も緩みやすくなります。

 

その上に大きくなる子宮が腸や膀胱を
圧迫することも尿もれや便秘の一因になります。
圧迫された直腸が肛門の外に押し出されると
脱肛に、切れ痔やイボ痔にもなりやすいです。

 

妊婦・産婦の三大シモトラブルですが、
便秘・痔・尿もれは産後数か月で
自然と改善されていくものでした。

 

これらの症状が慢性化して深刻な症状になることが増えました。
もっとひどいのが、妊娠・出産していないのに
これらのトラブルで悩む人が多くいます。
尿漏れパッドが生理用品の隣に
当たり前のように売られるようになりましたね。

 

尿もれには尿道を締める筋肉を鍛えること。
痔には患部をキレイに清潔に保ち、冷えないように温めること。

 

それでも改善しない人は、、、

 

背骨を柔らかくすることが大切です。
あなたの背骨が真っ直ぐでカチカチに硬いと
内蔵が骨盤の底にさがり、
腹圧が上がりシモのトラブルに
つながっていることも考えられます。

 

背骨の柔軟性をチェックします。
膝を抱えて仰向けに。そのまま
背中でだるまさんのようにゴロゴロできますか?
カラダをゆっくり前後に動かしてみます。
反動をつけないで頭と足の裏が床に
つかないようにゴロゴロ転がって
最後に起き上がります。

 

背中がカチカチなら起きあげれまいので注意しましょう。

 

シモのトラブルに悩ませれないようにと
楽になるために背骨を柔らかくする
カラダのケアの方法を覚えましょう。

 

カチカチ背骨を柔らかくする
背中を丸めながら深呼吸をする
これは、背骨全体の柔軟性を高めてくれます。
胸郭を広げることを意識する呼吸方法を覚えましょう。

 

 

@両足を肩幅に開いて、背中を丸めてください。
前かがみの姿勢を立ったままでも
座ったままでもいいですよ。

 

Aなるべく背中を丸くするように意識して、
両手を前でクロスして息を吐き切ります。
鼻呼吸でも口呼吸でもいいですよ。

 

B息を吸いながら、前でクロスさせた
両手を広げていきます。
背中が気持ち良く広がる感覚があるはずです。

 

この深呼吸を3回以上は繰り返してみましょう。