骨盤矯正

骨盤メンテで0脚も真っ直ぐに。

 

骨盤メンテで0脚も真っ直ぐに。

 

 

実は緩んだ骨盤が裾広がりになるから0脚になる。
そして、下半身太りと0脚は関係があります。

 

ぽっこりお腹に大尻体形の人は、
気おつけをしても膝と膝どうしがくっつかなくて
脚の間にすきまができます、0脚であることが多い。

 

そしたら、0脚は膝の問題でなるの?

 

そうではありません。
0脚の多くは、骨盤が緩んでいるから
なることのほうが多いです。

 

骨盤の本来の形は、逆三角形の下すぼまりです。
足の骨の大腿骨は骨盤とつながっていますから、
逆三角形の下すぼまりの骨盤なら
骨盤とつながっている大腿骨は、
少し内側に角度がつくので
脚は自然と膝でくっつくのです。

 

しかし、骨盤が緩むと裾広がりの形になり、
大腿骨も内側の角度がなくなり
真っ直ぐ下に、、、そうなると
骨盤の幅だけ膝は離れてしまいますね。

 

 

0脚の人は脚も太くて、ヒップも下がる!

 

出産後に0脚になる人も多くいます。
これは、赤ちゃんの頭が産道を
通って生まれることができるように
妊娠期から靭帯を緩めるホルモンが分泌されて
広がった骨盤が、出産後にも緩んだまま
元に戻らないのだ原因です。

 

でも、現代の女性は妊娠前から
骨盤が緩んで靭帯が弱っていることが多いです。
妊娠・出産していなくても
骨盤が原因の0脚の人がもたくさんいますよ。

 

 

0脚のデメリットは?
まず見た目が悪くなってしまうこと。
真っ直ぐとかっこよく立っているつもりでも
足が開いてしまい、自分ではそんなつもりはなくても
立ち姿が、だらしなくみえてしまう。
カラダの重心が後ろにかかるとヒップが下がります。

 

そして、ヒザ下の外側にある細い骨、
「ひこつ」が圧迫により横に出っ張ってきます。
だから、足が前から見ると足が丸く開き
横広になります。0脚の人が足が太いのは
骨の形が変わってくるからなんです。

 

骨盤が緩んでお尻が大きくなります、、、
そしてお尻と続いて特にももの後ろに
脂肪がつきやすいです。

 

カラダの重心も後ろになることで、
カラダに負担がかかります。
少し歩くだけで疲れるということはありませんか。
そして、ローライズのジーンズは、0脚に
なりやすいのでおすすめしません。
ローライズのベルト部分が
ちょうど骨盤の上部をしめると
骨盤が末広がりに広がります。

 

だから、余計に骨盤が開いて
0脚になり、ヒザの隙間が開くことになります。
かっこいいファッションが
0脚を招いて足が開いて
かっこ悪いということになりますね。

 

 

自分も0脚かもしれないと思ったら確認しよう。

 

かかとをくっつけて鏡の前に立ちましょう。
かかとと両足の中指の先が60℃に開いてください。
そして、鏡でみて、、、

 

ふとももから足の付け根にかけて
開いているようなら、あなたの0脚は
骨盤が緩んでいるからなる0脚です。

 

鏡でみて、、、
膝から下の方が大きく開いているなら
足首やひざ関節に問題がある場合があります。

 

赤ちゃんのときから、合わない靴や
歩き方のクセなどで足首やひざが
変形してしまっているなら、、、
実は厄介で、なかなかなおりにくいです。